1. ホーム
  2. 福祉ツールガイド-義肢・装具-

福祉ツールガイド-義肢・装具-

福祉ツールガイド-義肢・装具- 人工の手足『義肢』、機能障害軽減のための補助器具『装具』

『義肢』、『装具』とは。

『義肢』とは、切断により四肢の一部を欠損した場合に、もとの手足の形態又は機能を復元するために装着、使用する人工の手足のことをいいます(JIS用語)。
簡単にいうと、怪我や病気などで手足を切断した場合に用いる人工の手足のことで、『義肢』には大きく分けると、『義手』と『義足』があります。
○『義手』の主な分類

装飾用義手 外観の再現を目的としたもの 。
能動式義手 例えば肩甲骨や肩関節の動きで義手の操作を行うなど、体の動きを利用した義手。
作業用義手 複雑な機構を除き、耐久性を重視し特定の作業に特化させたもの。
筋電義手 筋肉の収縮に使用される微弱な「表面筋電位」を感知し、内蔵されたモーターにより把持動作を再現する義手。
○『義足』の主な分類

装飾用義足 外観の再現を目的としたもの。
仮義足 切断後に医療訓練用として製作し、断端が安定するまで訓練用として使用。
本義足(常用義足) 身体障害者手帳が交付されてから作成。歩行はもちろん、個人に合わせた日常生活に必要な基本動作を行うための義足。
作業用義足 農作業などを可能とする、耐久性に優れた義足。
『装具』とは、「四肢・体幹の機能障害の軽減を目的として使用する補助器具のことをいいます(JIS用語)。
わかりやすくいうと、怪我や病気などで手足・体がうまく使えなくなったときにそれを補う器具のことで、怪我や病気の治療を目的とするものや、後遺症により失われた機能を代償するために用いられるものがあります。デザインや種類が非常に多く、装具の目的を実現するのと同時に、生活様式に応じた工夫をすることもあります。
○『装具』の主な分類

上肢装具 肩から指先までの各部位に装着する装具。
下肢装具 股関節から足先までの各部位に装着する装具。
体幹装具 首から腰までの各部位に装着する装具。
靴型装具 足部変形の矯正や疼痛を和らげる目的で用いられる装具。
【義足の歴史秘話】
○現在知られている世界で最も古い義足は、紀元前950年から紀元前710年頃に暮らしていたと考えられる、古代エジプトの女性ミイラがはめていたものです。この義足は、つま先の形をしたもので、イギリスで行われた実験により、単に外見を補うだけのものではなく、実際に歩行を助ける実用的な義足だったことが証明されたそうです。
○わが国に義足がもたらされたのは、意外に新しく、江戸時代初期の明暦2年(1656)のこと。幕府の大目付井上筑後守政重の屋敷にオランダ人医師が鉄製の義手と義足を持ちこんだことが、「長崎出島商館日記」に記されています。
○嘉永3年(1850)に遠州灘でしけに遭い、アメリカ商船に救助され、アメリカで教育をうけ帰国したジョセフ・彦が、文久2年(1862)に出版した「漂流記」には義足の図が掲載されており、「砲丸に当たり、或いは脱疸其他怪我により足を破傷しこれが為に終に亡命せんとする者ハ、其部を切り捨て、人工に足を作り用うれハ健康の者に同しく動作を致す。云々」と説明されています。ちなみにこの義足は、1851年ロンドン万国博覧会で名誉賞をもらったものだそうです。
『義肢』『装具』イメージ
印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます