1. ホーム
  2. 言葉の豆知識-スヌーズレン-

言葉の豆知識-スヌーズレン-

言葉の豆知識-スヌーズレン- トータルリラクゼーションを通して外界を知り、楽しむ

トータルリラクゼーションを通して外界を知り、楽しむという活動と理念がスヌーズレン。

スヌーズレンは、オランダのエーデという町の知的障がいのある人々のための施設・ハルテンベルグセンターで、1970年代半ばから始まった活動とその理念を言います。創始者たちは、光、音、におい、振動、温度、触覚などを応用したツールを開発し、どんなに障がいの重い人たちも、その介助者の方々も楽しめるようなトータルリラクゼーションの空間をつくりあげました。
スヌーズレンは、治療法でも教育法でもありません。あえて表現するなら、ありのままの自分を受け止められ、自分で選び、自分のペースで楽しむための、人生の大切な時間そのものといってもいいかもしれません。

スヌーズレンの理念と活動は、現在、オランダからヨーロッパ、アジア各国、アメリカ、カナダなど世界中の国々へ浸透していっています。特にヨーロッパでは、重い知的障がいがある人々の間だけではなく、認知症の方から精神障がいのある人たち、小児病院、幼稚園、町のコミュニティセンターなどにも広がりを見せ、さまざまな人が利用し、心地よい時間を過ごしています。現在は、日本でも急速な広がりを見せています。

オランダ語で“クンクンとあたりを探る”を意味するスニッフレンと“ウトウトとくつろぐ”を意味するドゥースレンとの造語であるスヌーズレン。“自由に探索し、くつろぐ”体験を通じて障がいのある人もない人も、同じ命の重さ、違う個性の大切さ、自分らしく生きる素晴らしさに気づいていきます。この気づきをイギリスの介助者は、「Gentle Revolution(やさしく心のこもった革命)」と呼んだそうです。

みんな違って、そして等しい存在の重さを持っている。それを、気づかせてくれる活動と理念がスヌーズレンなのです。

“スヌーズレン”イメージ
印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます