1. ホーム
  2. 言葉の豆知識-ユニバーサルデザインフード-

言葉の豆知識-ユニバーサルデザインフード-

言葉の豆知識-ユニバーサルデザインフード- すべての人に食べやすさを求めて

すべての人に食べやすさを求めて。食品の世界にもユニバーサルデザインが普及してきました。

建築や電化製品、日用品にまで浸透してきたユニバーサルデザインの概念。それは、今や食品の世界にも進出してきています。それが、ユニバーサルデザインフードと呼ばれる食品。日常の食事から介護食まで幅広く使用できる、食べやすさに配慮した食品です。
レトルト食品や冷凍食品などの調理加工食品をはじめ、飲み物やお食事にとろみをつける「とろみ調整食品」など、種類は多岐にわたっています。

ユニバーサルデザインフードは、4つの区分ととろみ調整で提案されています。

ユニバーサルデザインフードのパッケージには必ずそれを示すロゴマークが記載されています。これは日本介護食品協議会が制定した規格(※)に適合する商品だけについているマークです。
購入者に分かりやすく選んでもらうために、どのメーカーの商品にも「かたさ」や「粘度」の規格により分類された4つの区分(下記参照)を表示しています。この区分を目安に、ご利用に適した商品を安心して選ぶことができます。

○区分1:容易にかめる
かむ力の目安=かたいものや大きいものはやや食べづらい。
飲み込む力の目安=普通に飲み込める。
○区分2:歯ぐきでつぶせる
かむ力の目安=かたいものや大きいものは食べづらい。
飲み込む力の目安=ものによっては飲み込みづらいことがある。
○区分3:舌でつぶせる
かむ力の目安=細かくてやわらかければ食べられる。
飲み込む力の目安=水やお茶が飲みづらいことがある。
○区分4:かまなくてよい
かむ力の目安=固形物は小さくても食べづらい。
飲み込む力の目安=水やお茶が飲み込みづらい。
○とろみ調整
食べ物や飲み物に加えて混ぜるだけで、適度なとろみを簡単につけることができる粉末状の食品です。
※日本介護食品協議会会員である食品メーカーは、この規格に基づき商品を製造・販売しています。
ユニバーサルデザインフード
「バリアフリー2012」に出展されていたフードの一種
※「バリアフリー2012」の記事はこちら
印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます