1. ホーム
  2. 言葉の豆知識-アール・ブリュット-

言葉の豆知識-アール・ブリュット-

言葉の豆知識-アール・ブリュット 創造性の源泉からほとばしる真に自発的な表現

こころ震える感動を呼ぶ「生の芸術」

「アール・ブリュット:Art Brut」とはフランス人の画家ジャン・デュビュッフェがつくった新しい芸術の定義で、「生の芸術」を意味しています。
デュビュッフェによる定義では、“芸術的訓練や芸術家として受け入れた知識に汚されていない、古典芸術や流行のパターンを借りるのではない、創造性の源泉からほとばしる真に自発的な表現”とされています。

デュビュッフェ自身はそう言っていませんが、狭義には、障がいのある人の作品を示すことが多くあります。しかし、本来は、芸術作品で生計を立てたり、既存の団体に発表したりすることもなく、独学で制作している人たちの作品なども含んでいます。

類似の概念に「アウトサイダー・アート:outsider art」がありますが、これはデュビュッフェの「アール・ブリュット」をイギリス人著述家ロジャー・カーディナルが英語に訳したもの。こちらも「アール・ブリュット」と同様に“子どもたちや正式な美術教育を受けずに独自に制作している人たちの作品”のことをそう呼んでいます。

さまざまな障がいを持った人たちの作品は、ほかにも「エイブル・アート」「ワンダー・アート」「ボーダレス・アート」「マインド・アート」などの呼称で、障がいのある人たちと社会をつなげるための表現物として認められています。現在、さまざまな企業や団体、個人が、この活動を支援しています。

アール・ブリュットイメージ
印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます