1. ホーム
  2. 言葉の豆知識-自立生活プログラム(ILP)-

言葉の豆知識-自立生活プログラム(ILP)-

言葉の豆知識-自立生活プログラム(ILP)- 障がいのある人たちの自立した生活に必要なことをプログラムとして提供します

障がいのある人たちが、自立生活をおくるために必要な心構えや技術を学ぶ場です。

障がいのある人たちが自立した生活をおくるために
必要なあらゆることをプログラムとして提供します。

障がいのある人たちが、自立生活をおくるために必要な心構えや技術を学ぶ場が、自立生活プログラム(ILP:Independent Living Program)と呼ばれるものです。それは、いわば「障がいのある人自身が生きる力を獲得する場」でもあります。つまり、障がいのある人もない人もともに生きていく場をつくるためのプログラムなのです。

また、自立生活プログラムは、先に自立生活を始めた障がいのある人がそれまでに経験し、培ってきた障がい者文化としての生活技能を、これから自立生活を始めようという障がいのある人たちに、伝えていく場でもあります。施設や在宅という閉鎖的な空間で暮らしてきたような障がいのある人たちにとって、先輩からのアドバイスや情報提供は勇気を与え、前向きな姿勢を持つのに欠かせません。

ちなみに、生活技能とは、対人関係のつくり方、介助者との接し方、住宅、性、健康管理、トラブル処理方法、金銭管理、調理、危機管理、社会資源の使い方、などのことです。

対象者の目標によって各プログラムの内容が決められ、「介助者との関係」や「制度を使いこなす」、「指示を出して好きな料理をつくる」、「金銭管理」、「外出プログラム」など、自立生活に必要なあらゆることがプログラムとして提供されます。また、対象者の生活経験や年齢、障がいの種類などを考慮してさまざまな内容のものが企画されています。

自立生活プログラムのリーダーは障がいのある当事者が担当しますので、安心して相談、質問ができます。

自立生活プログラム(ILP)イメージ
印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます