1. ホーム
  2. エンタメ・ガイド ―車いすで活躍するアイドル・猪狩ともか(仮面女子)の初主演映画&京都アニメーションの名作を再見―

エンタメ・ガイド ―車いすで活躍するアイドル・猪狩ともか(仮面女子)の初主演映画&京都アニメーションの名作を再見―

エンタメ・ガイド ―車いすで活躍するアイドル・猪狩ともか(仮面女子)の初主演映画&京都アニメーションの名作を再見―

仮面女子の猪狩ともかが初主演する、今秋注目の新作映画をご紹介。併せて、あの悲痛な事件後も唯一無二の輝きを放ち続ける、京都アニメーションの名作をあらためてご紹介します。

◇「夢を追いかける心に、バリアはない」
車いすで活躍するアイドル、猪狩ともか(仮面女子)の初主演映画が完成!

リスタート:ランウェイ~エピソード・ゼロ  
*クリックすると大きな画像が開きます。

強風で倒れた看板の下敷きになって脊髄を損傷。車いすに乗って活躍するアイドルグループ・仮面女子の猪狩ともかが初主演を果たした映画「リスタート:ランウェイ~エピソード・ゼロ」が公開されます。
事故後4カ月でアイドルとして復帰し、数多くのテレビ出演などで注目を集める猪狩ともか。本作への出演にあたっては、手だけを使っての車の運転を習得し、実際にスポーツカーを運転して、果敢に撮影に挑戦。
役柄は、父親の影響でカーレーサーを夢見ながら、交通事故により車いす生活になった女子ヒナタ。納屋に眠っていた一台のスポーツカーをきっかけに、ひきこもりの日々を脱して車いすから車へ乗り換え、再び走りはじめる姿を魅力的に演じています。

本作は、映画を通して「誰もが輝ける社会づくり」に取り組む任意団体、バリアフリー・フィルム・パートナーズが製作。元バイク世界選手権参戦ライダーで、カーレーサーに転向した青木拓磨(レーシングシーンも監修)、ファッションモデルの日置有紀など、様々な分野で活躍する車いすユーザーが俳優として出演しているのも話題です。
近日、同団体が製作予定の劇場映画「ランウェイ」の序章として、9月末から開始されるインターネット配信や上映会などを中心に公開される本作。9月20日には、横浜・みなとみらいにある資生堂グローバルイノベーションセンター S/PARK(エスパーク)にて完成披露上映イベントも開催されるなど、注目を集めています。

詳しくは…

「リスタート:ランウェイ~エピソード・ゼロ」公式・特設ホームページ
http://barrierfree-film.org/restart/

リスタート:ランウェイ~エピソード・ゼロ イメージ  
*クリックすると大きな画像が開きます。

◇名作再見 ― 「映画『聲(こえ)の形』」
少年少女の揺れ動く心と成長を、繊細に、愛おしく美しく描く

映画聲の形 イメージ  
©大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会
*クリックすると大きな画像が開きます。

芸術の秋、心に染み入るような映画をじっくり味わうのはいかがでしょう。
ドリームアーク編集部が今回お薦めするのは、2016年に劇場公開されたアニメーション「映画『聲の形』」です。

「週刊少年マガジン」に連載され、数々の賞に輝いた大今良時のベストセラーコミックを、高いクオリティーで人気作を輩出し続ける京都アニメーションが映画化した作品で、第26回日本映画批評家大賞アニメーション部門作品賞をはじめ、数々の賞に輝きました。
公開時、文部科学省とのタイアップで、いじめ・自殺の防止、障がいへの理解を呼びかけるポスターが学校などに掲示されていたのをご記憶の方もいらっしゃるかと思います。

聴覚障がいのある少女・西宮硝子と、子ども時代のある出来事から、彼女に負い目を持つ少年・石田将也。二人の関係の変遷を中心に、友人たちとの関わりを通して、コミュニケーションの難しさや重要さ、様々な試行錯誤を経て成長していく姿が丹念に、慈しみをこめて描かれた本作は、 “生きていくことはたやすくはないが、時に世界は美しい”ことを、幅広い年齢の観客に感じさせてくれる映画となっています。
山田尚子監督が手話教室に通う、「手の表情集」を作成する、聴覚障がい者団体の監修を受けるなどしながら作り込まれた手話の繊細な表現をはじめ、リアルでありながら透明感のある風景描写、この後「リズと青い鳥」(2018年)でも山田監督とタッグを組んだ牛尾憲輔による、主人公たちの心情に寄り添う音楽なども見どころ(聞きどころ)です。
授業で上映会を実施する聴覚支援学校もあるなど、公開後も愛され続ける本作。Blu-rayとDVD(ポニーキャニオン)も販売・レンタル中ですが、Netflixほか動画サイトでも配信されています。秋の夜長、ぜひゆっくりとご鑑賞されてはいかがでしょう。

字幕付きロングPV

詳しくは…

「映画『聲の形』」公式サイト
http://koenokatachi-movie.com/

京都アニメーションの映画は、新作「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 ―永遠と自動手記人形-」(http://www.violet-evergarden.jp/sidestory/)が9月6日より公開中。
お亡くなりになられた方々のご冥福を祈るとともに、不条理な悲劇を超えて、これからも素晴らしい作品を世に送りだしてくれることを、祈念しています。

印刷用ページを表示する

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます