1. ホーム
  2. 言葉の豆知識-ノーマライゼーション[normalization]

言葉の豆知識-ノーマライゼーション[normalization]

言葉の豆知識-ノーマライゼーション[normalization] 障がいのある・なしにかかわらずみんなが当たり前に暮らせるように

「ノーマライゼーション」は、「誰もが普通に生活できる社会」づくりを目標にしています。

障がいのある人や高齢者など、社会的弱者を保護しようという仕組みが「福祉」ですが、ときにそれが、かえって社会的弱者を「特別扱い」してしまうことにつながることもあります。かつては、社会への参加を遮断したり、社会から隔離してしまうこともありました。
それに対して「ノーマライゼーション」は、「障がいのある人もない人も、社会の一員として、互いに尊重し、支え合いながら、地域の中でともに生活する社会こそ当たり前の社会である」という考えのもと、バリアフリー化などの推進により「誰もが普通に生活できる社会」づくりを目標にしています。

この「ノーマライゼーション」という考えが生まれたのは、デンマーク。社会省の担当者だったニルス・エリク・バンク-ミケルセンさんが知的障がいのある人たちの処遇に心を痛め、彼らが地域社会で普通に暮らせるように尽力しました。そんな活動の中から「ノーマライゼーション」という理念が生まれたのです。1950年代のことでした。やがて、この理念は、北欧をはじめ世界中に浸透し、1981年の国連の国際障害者年を契機に一気に認知度を高めます。そして、今日では「福祉の基本的な概念」のひとつになりました。

日本でも「ノーマライゼーション」は一般に認知され、障がいのある・なしにかかわらず、平等に人権が保障され、自己のライフスタイルが主体的に選択でき、能力や経済効率主義に左右されない共生社会づくりが模索されています。そして、「ノーマライゼーション」を礎において、自立生活運動やQOLの概念づくり、在宅サービスの展開などが図られています。

すべての人が特別視されることなく参加できるような社会。「ノーマライゼーション」という理念をもって、実現したいものですね。

ノーマライゼーション[normalization]イメージ
印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます