1. ホーム
  2. お役立ち情報―「レイジェンド滋賀FC」所属の選手たちが、「障がいのある人も楽しめる」サッカーチームを運営―

お役立ち情報―「レイジェンド滋賀FC」所属の選手たちが、「障がいのある人も楽しめる」サッカーチームを運営―

お役立ち情報―「レイジェンド滋賀FC」所属の選手たちが、「障がいのある人も楽しめる」サッカーチームを運営―

来季から関西サッカーリーグ1部に昇格する、「レイジェンド滋賀FC」所属の選手4人が、障がい者のサッカーチーム「みなけんF・C」を運営。「多くの人に参加してほしい」と呼びかけています。

選手たちは、障がい者福祉サービスなどを行っている「まるさん合同会社」(所在地:滋賀県守山市吉身)で働きながら、レイジェンド滋賀FCの練習に励んでいます。みなけんF・C誕生のきっかけは、2年前の秋、まるさん合同会社の代表である長谷川二郎氏が、学校などと自宅の往復になりがちで、体を動かす機会が少ない障がいのある子ども向けに、サッカー体験の企画を提案したこと。それを受けて、吉田実成都(みなと)選手と、金城賢司選手の2人が、自分たちが続けてきたサッカーが社会に役立てられると、一昨年末にチームを発足。2人の名前にちなみ「みなけん」、同時に「みんなで仲良く健康な毎日を」の意味も込めて名付けました。現在は長谷川圭選手と木村達哉選手もボランティアコーチとして指導しており、4人でみなけんF.Cを運営されています。

 
ボランティアコーチを務めるレイジェンド滋賀FCの選手たち
*クリックすると大きな画像が開きます。

そんな、みなけんF・Cは、「サッカーをしたことがなくても大丈夫です!! 一緒に楽しみましょう」と、サッカーを通じて、参加する人々とともに下記のような場をつくることをめざしているそうです。

①遊びの場…お仕事や学校のない休日に、色々な人と話をしたり楽しい時間をつくる
②運動の場…適度に体を動かし、健康な体をつくる
③集いの場…たくさんの人とふれあい仲間をつくる

現在は、知的障がいや発達障がいなどがある小学生から20代までの男女約20名が参加(※1)。月1~2回、主に土曜日か日曜日に守山市川田町の北川原公園にて練習を行っています。
障がいの種類などに関係なく(※2)、ボールに触れ、思いきり体を動かすことを楽しめるこのクラブ。選手の方々も「多くの人に参加してほしい」と呼びかけています。
一緒にボールを追いかけてみたいと思われる方は、ぜひ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

※1:2019年1月現在。
※2:障がいのある人のみならず、ご兄弟姉妹であれば、健常者の方も参加できます。

 
練習する「みなけんF・C」のメンバーと、指導する選手たち
*クリックすると大きな画像が開きます。

サッカークラブ「みなけんF・C」サービス概要
対象:障がいのある方とそのご兄弟姉妹
日時:月1~2回の土曜日または日曜日、14:00~15:30
場所:守山市内のグランド又は体育館
部費:¥500/1回(その他 保険)
持ち物:水筒、運動のできる服装・シューズ

詳しくは…
問い合わせ先:「まるさん合同会社」 077-575-6977(担当:金城)

印刷用ページを表示する

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます