1. ホーム
  2. ぜひ読んでください!おすすめ書籍-『障害のある人たちに向けたLLマンガへの招待 はたして「マンガはわかりやすい」のか』-

ぜひ読んでください!おすすめ書籍-『障害のある人たちに向けたLLマンガへの招待 はたして「マンガはわかりやすい」のか』-

ぜひ読んでください!おすすめ書籍-『障害のある人たちに向けたLLマンガへの招待 はたして「マンガはわかりやすい」のか』-

障がいなどの理由で、読書活動が困難な人に向けて作られた「LLブック」。そのマンガ版の制作・普及をめざして編まれた本が、7月30日に発売されました。

「LLブック」と呼ばれる本があります。知的障がいや発達障がいなどにより、一般的な読書活動が困難な人にも、読書の楽しみを感じてもらえるよう、写真や絵、絵文字、短い言葉などで構成された本で、LLとはスウェーデン語の「Lättläst(読みやすい)」を省略して表した言葉。同国で1960年代から出版が開始されました。
現在では、上記のような障がいのある人たちのほかにも、高齢者や移民、認知症の人など、読書に困難が伴うことが少なくない人々へと対象が広がり、北欧を中心に普及。日本でも支援団体などが制作することにより、少しずつ認知されてきています。

そんな中、「マンガは、“わかりやすい”と言われるが、本当にそうなのか?」という疑問のもと、LLブックのマンガ版となる「LLマンガをつくってみよう!」との思いから、LLブック研究者・マンガ家・大学教員・マンガ研究者・編集者などによって、LLマンガ研究会が発足。
これから先、障がいのある人のみならず、できれば日本語や日本文化に慣れていない外国の方、マンガを読むことに慣れていない高齢者の方などにも、興味をもって読んでもらえるLLマンガが生まれることを願って、誰もが読みやすい「LLマンガ」の制作・普及をめざして編まれたのがこの本です。
LLマンガとは何か、なぜ必要なのか、描くための視点と技法などについて平易に解説すると共に、大人が楽しめるマンガを、内容を薄めることなく、幼稚にもせず、わかりやすく、読みやすくするためにはどうしたらいいのか、様々な角度から考察を行っています。マンガに関心のある方のみならず、どんな人にもバリアフリーに楽しめる本やそのための表現方法などに興味のある方は、読まれてみてはいかがでしょう。
概要は下記の通りです。

★編著者:吉村 和真・藤澤 和子・都留 泰作
★発行:樹村房 
★判型・頁数:B5判 約180頁
★価格:本体2,200円+税
★URL:http://www.jusonbo.co.jp/books/209_index_detail.php

障害のある人たちに向けた LLマンガへの招待 表紙  
*クリックすると大きな画像が開きます。

8月3日(金)には、編著者の方々による、刊行記念トークイベントが丸善 京都本店で開催されます。本書について、また、本書に掲載のLLマンガ「赤いハイヒール」「はだか男」が完成するまでの研究活動や試行錯誤の様子、出版に至るまでのエピソードを存分に語ってくれる予定です。ご興味ある方は下記URLをご覧ください。

『障害のある人たちに向けた LLマンガへの招待 ―はたして「マンガはわかりやすい」のか』(樹村房)刊行記念 吉村 和真×藤澤 和子×都留 泰作 トークイベント

日時:2018年8月3日(金)19:00開演(18:30開場)
会場:丸善 京都本店 地下2階 特設会場 
参加費:無料 要整理券(先着30名)
URL:https://honto.jp/store/news/detail_041000026392.html?shgcd=HB300

印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます