1. ホーム
  2. ぜひ読んでください!おすすめ書籍-『伴走者』浅生 鴨・著-

ぜひ読んでください!おすすめ書籍-『伴走者』浅生 鴨・著-

ぜひ読んでください!おすすめ書籍-『伴走者』浅生 鴨・著-

「お前は伴走者だ。俺の目だ」
熱くひたむきな戦いを描く、新しいパラスポーツ小説!

伴走者
*クリックすると大きな画像が開きます。

【伴走者(ばんそうしゃ)】とは、視覚障がいのある選手が安心して全力を出せるよう、選手の目の代わりとなって周囲の状況や方向を伝えたり、ペース配分やタイム管理をしたりする人物のこと。
本作はその“伴走者”を主人公に、彼らを通して、ブラインドマラソンや視覚障がい者によるスキーといったパラスポーツと、それに挑むアスリートの姿が描かれていく、新鮮なスポーツ小説です。

「夏・マラソン編」と「冬・スキー編」の2章から成り、前者では事故によって視覚を失い、ブラインドマラソンの選手となった元サッカー選手の内田と、その伴走者である、自身もマラソン選手――だが、「速いが勝てないランナー」との評価を受けている――の淡島が。後者では、会社の広報戦略の一環として支援することになった障がい者スキーの天才少女・晴(はる)と、彼女の“ガイドレーサー”を担当することになる、元「日本最速のレーサー」立川が、それぞれ主人公に。
マラソン編は障がいがあろうとなかろうと、スポーツをやるからには勝たなければ意味がない、と言う内田の強烈な闘志と、そんな彼に応えて、自分の知識と経験を傾け、パラリンピック出場を賭けた南国でのマラソン大会に挑む淡島との、ブロマンス(※)的な熱量の高い関係。スキー編は1位にこだわり続けてピーク時に選手を引退した立川の、プライド高く、それゆえ他者の弱さを理解できない性質が、勝負へのこだわりとは別のところでスキーを滑る晴とのパートナーシップによって変貌してゆくさま。いずれも、人間ドラマとして重みがあり、同時に「目が見えない」選手と、彼らの目の代わりとなる「伴走者」が、選手にとって重要な知覚である“音”すなわち対話する声によって、自分たちの前に広がる世界を共有し、心のロープを繋げてゆく、コミュニケーションの過程が印象的です。
加えて、社会の中でのパラスポーツの扱いや、試合の過程がリアルなタッチで語られるため、著者が巻末で言うように「あくまでも本作品はフィクション」とはいえ、ブラインドマラソンや障がい者スキーとはどういうものかを、登場人物の姿を追ううちに知ることができます。スポーツ小説を楽しみたい人にも、人と人との関係を描く熱いドラマに酔いたい人にも、この春お薦めの一冊といえるでしょう。

★著者:浅生 鴨 ★発行:講談社 ★定価:1,400円(税別) 
★URL:http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062209540
※電子書籍あり

※:ブロマンス…精神的につながりの深い男性同士の友情をさす言葉。「Brother」(あるいは略語の「Bro」)と「Romance」を掛け合わせた造語。

印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます