1. ホーム
  2. エンタメ・ガイド-この春注目の映画『ワンダーストラック』-

エンタメ・ガイド-この春注目の映画『ワンダーストラック』-

エンタメ・ガイド-この春注目の映画『ワンダーストラック』-

暖かく過ごしやすい春に話題を集める、注目の新作映画をご紹介します。
面白そう! と思われましたら、ぜひ映画館へ!

*劇場情報はおもに西日本のものを掲載しています。

『ワンダーストラック』
居場所を無くした子供たちが勇気を出して踏み出す
人生という名の驚きと幸せに満ちたワンダーランド

ワンダーストラック  
PHOTO:Mary Cybulski  ©AMAZON CONTENT SERVICES LLC
*クリックすると大きな画像が開きます。

“永遠に残る愛の名作”と称えられた前作『キャロル』をはじめ、同性愛や人種差別など、ある理由によって社会からはみ出さざるを得ない人々の孤独と希望を描いて高い評価を受けてきた、トッド・へインズ監督の待望の新作。
1977年のアメリカ・ミネソタ州。母親を事故で亡くし、伯母と暮らす12歳のベンは、ある嵐の夜、「ワンダーストラック」というニューヨークの自然史博物館の本を見つける。それが、会ったことも名前も知らない父親の本だと直感して書店にかけようとした電話に雷が落ち、耳が聞こえなくなったベンだったが、父親を探すためにニューヨークへと旅立つ。
いっぽう、1927年のニュージャージー州。大きな屋敷に暮らす、生まれたときから耳の聞こえないローズは、支配的な父と心が通わせられず、心の支えである憧れの女優リリアンに会いに行こうと決意し、ひとりでニューヨークに向かう。兄のウォルターが働く自然史博物館にも行ってみたかった。ローズはリリアンが稽古中のプロムナード劇場を探しあてるが──。
1927年と1977年という2つの時代に生きる少年と少女が、不思議な運命の糸で同じ場所へ迷い込み、その先に、『ワンダーストラック』(“驚きと幸せの一撃”という意味)を見つける旅路を、ベンのパートは音声ありのカラー映像、ローズのパートはサイレントの白黒映像でそれぞれ描いて、独創的な映像体験を味わせてくれる本作。
へインズ監督とは『キャロル』『エデンより彼方に』『ベルベット・ゴールドマイン』で組んだ、衣装デザイナーのサンディ・パウエルによる各時代の洗練されたファッションや、劇中に流れるデヴィッド・ボウイの名曲「スペース・オディティ」なども印象的。ローズを演じる新人のミリセント・シモンズは自身も聴覚障がいがあり、その演技も作品に新鮮な息吹をもたらしている。

『ワンダーストラック』予告編  ©AMAZON CONTENT SERVICES LLC

★データ…2017年・アメリカ 原作・脚本:ブライアン・セルズニック 監督:トッド・へインズ 出演:オークス・フェグリー/ミリセント・シモンズ/ジュリアン・ムーア/ミシェル・ウィリアムズ 配給:KADOKAWA 上映時間:117分
★劇場…大阪 シネ・リーブル梅田(4月6日~)、なんばパークスシネマ(4月6日~)、兵庫 シネ・リーブル神戸(4月6日~)、京都 MOVIX京都(4月6日~)、ほか全国各地で順次公開。詳しくは下記オフィシャルサイトの「THEATER」をご覧ください。
★オフィシャルサイト…http://wonderstruck-movie.jp/

印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます