1. ホーム
  2. お役立ち情報-ロボットで「手話通訳」が可能に-

お役立ち情報-ロボットで「手話通訳」が可能に-

お役立ち情報-ロボットで「手話通訳」が可能に-

株式会社NTTデータとシャープ株式会社、株式会社NTTデータSBCが、国内で初めて(※1)AI技術(ディープラーニング)を活用し、シャープが提供するモバイル型ロボット電話「ロボホン」向け手話通訳アプリケーションを共同開発したことを発表しました。

世界保健機関の調査(※2)によると、聴覚障がい者は、世界で約3億6千万人、日本国内では軽度な方々を含めると数百万人おり、そのうち、国内の手話が必要な約32万人(※3)については、コミュニケーション手段や方法、介助費用の面などからも新たなサポートが必要と考えられています。
特に生活面では、手話通訳者が近くにいないなどの不便があり、同時に、健聴者が手話を学ぶ環境が少ないなど社会的な課題も生じています。それらを背景にNTTデータ社内で行われたロボホン向けアプリ開発コンテストで、手話通訳アプリケーションの提案が最優秀賞を受賞し、これをきっかけに、NTTデータ、シャープ、NTTデータSBCにより共同で同アプリケーションが開発されました。

※1:NTTデータ社調べ。
※2:World Health Organization「Deafness and hearing loss」より。
   http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs300/en/
※3:厚生労働省「平成23年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)」より。
   http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/seikatsu_chousa.html

このアプリを搭載したロボホンに手話で話しかけると、ロボホンがディープラーニング(※4)によって、手話の動きを認識・分析して、意味する単語を日本語で発話し、その内容を背面の液晶に表示します。また、健聴者がロボホンに直接話しかければ、その発話内容も認識、文字化されて外部デバイスにも内容が表示されます。

図で表す本アプリの使用方法
*クリックすると大きな画像が開きます。

※4:ディープラーニング…AIに学習させるための手法のひとつで、人間の脳に似たネットワーク構造を用いることにより、人間と同様の認識や判断をコンピューターでもできるようになる可能性がある。

ディープラーニングを使って画像解析を行うことで、ロボホンが手話を理解できる仕組みとなっています。現段階では、手話初期学習者の練習や、単語レベルでの意思伝達を必要とする場での利用が想定されていますが、今後は一連の手話を認識できるようにし、簡単な会話での意思伝達交換、行政や企業の窓口対応までできるようにしたいとのこと。様々な場面で手話通訳が円滑に行われるよう、1日でも早い実用化がめざされています。

詳しくは……

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
株式会社NTTデータ ビジネスソリューション事業本部
AI&IoTビジネス部 安藤、大塚、増原
TEL:050-5546-9923

【「ロボホン」に関するお問い合わせ先】
シャープ『ロボホン』サポートセンター
TEL:050-5577-7649

印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます