1. ホーム
  2. お役立ち情報―ICタグで音声案内、視覚障がい者の外出を支援する点字ブロック―

お役立ち情報―ICタグで音声案内、視覚障がい者の外出を支援する点字ブロック―

お役立ち情報―ICタグで音声案内、視覚障がい者の外出を支援する点字ブロック―

ICタグとの連動によって、音声で道案内をしてくれる新しい点字ブロックが開発されました。

地図や画像などを理解することが難しい、視覚障がいのある人や視力の弱った高齢者の人たちのために、言葉の説明による道案内=言葉の地図を制作することをおもな活動の目的とするNPO法人 ことばの道案内と、太平洋プレコン工業株式会社、エル・エス・アイ ジャパン株式会社の3者により共同開発された「ことばの道案内ブロック」は、ソーラーパネルとICタグを搭載。スマートフォンなどの端末をICタグの検知エリア(半径1.5m~2m)内に入れると、ucode(※)を活用した音声による道案内が端末から発信されます。
これまでも点字ブロックは、視覚に障がいのある人の外出を支える、重要な社会インフラでしたが、音声による案内が加わることで、よりわかりやすい誘導を受けることが可能になります。

※:ucode(ユーコード)…現実の世界にある、あらゆる物、あるいは場所に対して割り当てる、国際標準規格の識別用番号(識別子)。ユビキタスIDセンターによって管理され、利用することで製品や場所に対して情報を関連付けられるようになり、「ucode」を読み取って、その関連付けた情報にスマートフォンなどからアクセスする、といった使い方を実現できる。

視覚障がいのある人だけではなく、外国からの観光客などへの道案内や、情報の提供にも使える可能性があるという「ことばの道案内ブロック」。点字突起の形状やサイズも従来の規格と同様、また、電源も必要ないため、既存の点字ブロックと入れ替えるだけと施工も簡単です。
現在、東京都豊島区の椎名町駅(西武池袋線)周辺で導入されていますが、視覚障がいの人の駅ホームからの転落事故などが起こり、安全の確保が叫ばれている今、より多くの自治体、交通・公共機関などにおいて、誘導のレベルを上げることができるこのブロックの導入が検討されていくのではないでしょうか?

点字ブロック写真
ソーラーパネル搭載部分にはシリコーンパッキンを採用、ホコリや水の侵入にも耐える。
点字突起の形状や寸法は既存のものと同様、JIS規格に準拠。

詳しくは……

認定NPO法人 ことばの道案内
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目4番21-102号
TEL&FAX:03-6278-9125
ホームページ:http://kotonavi.jp/wp/

印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます