1. ホーム
  2. 言葉の豆知識-インクルージョン

言葉の豆知識-インクルージョン

言葉の豆知識-インクルージョン 個性を認め合うだけでなく、一人ひとりを一体化し、包み支えあう

個性を認め合うだけでなく、一人ひとりを一体化し、包み支えあう。それが、“インクルージョン”。

前回は、人間一人ひとりが持っている「違い(=個性)」を受け入れ、それを「価値」として認め合おうという“ダイバーシティ”という考え方をご紹介しました。今回は、“ダイバーシティ”に替わって最近よく使われるようになってきている“インクルージョン”という考え方をご紹介いたします。

“インクルージョン”には、“教育インクルージョン”や“ソーシャル・インクルージョン”など、さまざまな形態がありますが、今回は、“ソーシャル・インクルージョン”について書いてみたいと思います。

“ソーシャル・インクルージョン”とは、「全ての人々を孤独や孤立、排除や摩擦から援護し、健康で文化的な生活の実現につなげるよう、社会の構成員として包み支え合う」という理念とされています。つまり、組織内のみんなに同等にビジネスへの参画・貢献をする機会が与えられ、各個人が特有している経験やスキル、考え方が認められ、十分に活用されている状態のことなのです。

組織内に多様な人材がいる状態を表す“ダイバーシティ”に対して、“ソーシャル・インクルージョン”は包括、包含、一体性などの語意を持っています。だから、多様な人々が対等に関わりあいながら一体化している状態を指す用語として、“ダイバーシティ”とは区別されています。

“インクルージョン”。誰もが心地よく参加できる社会づくりのために、ぜひ、憶えておきたいキーワードのひとつです。

“ソーシャル・インクルージョン”イメージ
印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます