1. ホーム
  2. お役立ち情報-視覚障がい者向けお財布型ポータブル紙幣識別機「Wallet(ウォレット)」-

お役立ち情報-視覚障がい者向けお財布型ポータブル紙幣識別機「Wallet(ウォレット)」-

お役立ち情報-視覚障がい者向けお財布型ポータブル紙幣識別機「Wallet(ウォレット)」-

音と振動で紙幣や交通系ICカードの残額などを識別してくれる、視覚に障がいのある方に便利な識別機が発売されました。

現在、流通している紙幣には、インクの盛りによってざらつきのある識別マークが付けられていますが、長く流通した紙幣ほど判別が難しくなっており、視覚障がい者の方には大きな問題でした。
その問題に取り組んだのが、株式会社システムイオがNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)のプロジェクトにおいて開発し、2015年12月から販売を行っている「Wallet(ウォレット)」です。紙幣(日本銀行券)の券面を光学的に読み取って、新札・流通紙幣を問わず識別し、音声案内やブザー音、振動で通知するという紙幣識別機で、加えてSuicaやPiTaPaといった交通系ICカードなどの残額も音声で通知する機能を有していますので、視覚障がい者の方にも簡単にカードの残額を確認していただくことが可能。外出時のお財布としてもご利用いただけます。

『Wallet』の表面と裏面 紙幣識別機断面図  
*クリックすると大きな画像が開きます。

また、「Wallet」は上の断面図のように、紙幣を収納するポケットを焦点距離のない近接カメラと読み取りスイッチで挟み込むことにより、紙幣を収納した状態で、収納した方向に関係なく金額を読み取ることができますので、収納時に紙幣の向きを揃えるなど、細かい作業は必要ありません。
日常生活でお財布として利用できる、便利なポータブル紙幣識別機「Wallet」。ぜひお手元に置かれてみてはいかがでしょうか。

「Wallet」写真  
*クリックすると大きな画像が開きます。

「Wallet」基本仕様
識別可能な券種: 千円券、二千円券、五千円券、一万円券
サイズ: 177mm(W)×25.5mm(D)×84mm(H)
重量: 180g
充電方式: ACアダプタ
販売価格:62,800円(税別、視覚障がい者には非課税)

<利用可能なICカード>
【交通系ICカード】
北海道圏: Kitaca(キタカ)、SAPICA(サピカ)
首都圏: Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)
中部圏: TOICA(トイカ)、manaca(マナカ)
近畿圏: PiTaPa(ピタパ)、ICOCA(イコカ)
中国圏: PASPY(パスピー)
九州圏: nimoca(ニモカ)、はやかけん、SUGOCA(スゴカ)
【流通系ICカード】
nanaco(ナナコ)、Edy(エディ)他

詳しくは……

=問い合わせ先=
株式会社システムイオ
担当:清水、塗 
TEL:03-6809-4803

印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます