1. ホーム
  2. イベント・ガイド-2014年上半期公開 話題の映画情報-

イベント・ガイド-2014年上半期公開 話題の映画情報-

イベント・ガイド-2014年上半期公開 話題の映画情報-

秀作・話題作が次々に公開される2014年の映画界。その中で、障がい者・高齢者を主人公とする作品も注目を集めています。

劇映画にドキュメンタリーと、形は様々ですが、いずれも高い評価を得ている4作品をご紹介します。この春は、劇場へお出かけになられてはいかがでしょう。

*劇場情報はおもに西日本のものを掲載しています。

『光にふれる』
(監督:チャン・ロンジー/配給:クロックワークス/2012年 台湾・香港・中国/出演:ホアン・ユィシアン、サンドリーナ・ピンナ)

光にふれる
(C)2012 Block 2 Pictures Inc. All rights reserved.
*クリックすると大きな画像が開きます。

たくさんの愛に包まれて、ぼくは人生を奏でる――
釜山国際映画祭はじめ、各映画祭で観客賞受賞!

生まれつき視覚障がいのあるユィシアンは、たぐい稀なピアノの才能の持ち主だが、幼い頃にコンクールで起きたある事件がトラウマとなり、表舞台に立てなくなっていた。だがダンサーを夢見る少女、彼の音楽と人柄に惹かれて集まった仲間との出会いによって、彼の世界は光に満ち溢れたものへと変わってゆく――。
実際にプロのピアニストとして活躍する、ホアン・ユィシアンの実話を基に描かれた作品。ユィシアン自身が主人公を演じ、本国でも驚異的な大ヒットを記録。制作総指揮は香港映画の名匠ウォン・カーウァイ。
★公開日:絶賛公開中
★劇場:シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋、京都シネマ、シネ・リ-ブル神戸、伏見ミリオン座、KBCシネマ、天文館シネマパラダイス(3月15日公開)、シネマサンシャイン大街道(3月22日公開)、富山シアター大都会(4月5日公開)、桜坂劇場(順次公開)、CINEMA e_RA(順次公開)ほか全国公開
★公式サイト:http://hikari-fureru.jp/

『渚のふたり』
(監督・撮影:イ・スンジュン/配給:メディア・アクセス・サポート・センター/2011年 韓国)

渚のふたり

私たちが まだ見たことのない 愛のかたち
アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭最優秀ドキュメンタリー賞受賞作

韓国のソウル郊外に住む一組の夫婦。幼い頃に視力と聴力を失い、触覚のみで世界とつながる夫・ヨンチャンと、脊椎障がいのある妻・ヨンホ。指点字を使い、触れ合うことで心を通わせる夫婦の2年間を追う。
公開にあたり、通常の翻訳字幕を、耳の不自由な人にも理解しやすいバリアフリー字幕に改訂、また“いつどの回に行っても”イヤホンで音声ガイドが聞けるなど、ロードショーとしては日本初のふたつの取り組みを実施。最新システムを用いた“バリアフリー上映(※)”にて鑑賞できます。
※バリアフリー上映の詳細については、下記公式サイト内の「新バリアフリー上映方法」のページをご覧ください。
★公開日:2月22日(土)
★劇場:シネマート心斎橋ほか
★公式サイト:http://nagisanofutari.jp/

『僕がジョンと呼ばれるまで』
(監督:風間直美、太田茂/製作・配給:仙台放送/2013年 日本・アメリカ)

僕がジョンと呼ばれるまで
(C)2013 仙台放送

アメリカの介護施設で行われた認知症のおばあちゃんたちの“チャレンジ”
それはみんなが笑顔になる希望の物語

入所者の平均年齢80歳以上のアメリカ・オハイオ州にある高齢者介護施設。ここで暮らす多くの人は認知症だが、彼女たちが挑戦したある取り組みが、施設での日々を変えていくことに。
その取り組みとはスタッフと一緒に、読み書きや簡単な計算などをすることで認知症の改善をめざすというもの。仲間と一緒に学ぶことで、大切なものを思い出していく人々の姿は、私たち誰もが抱える老いへの不安を、希望に変えるヒントを与えてくれます。
★公開日:3月1日(土)
★劇場:シネ・リーブル梅田、シネマクレール丸の内、シネマルナティック、ユナイテッド・シネマ福岡、伏見ミリオン座(3月29日公開)、京都シネマ(今春公開)、神戸アートビレッジセンター(今春公開)ほか
★公式サイト:http://www.bokujohn.jp/

『チョコレートドーナツ』
(監督:トラヴィス・ファイン/配給:ビターズ・エンド/2012年 アメリカ/出演:アラン・カミング、ギャレット・ディラハント)

チョコレートドーナツ
(C)2012 FAMLEEFILM,LLC

こころにぽっかりと空いた穴を
埋めることなんてできないと思ってた。
あなたに会うまでは。

1979年カリフォルニア。ショーダンサーのルディと弁護士のポールのカップルは、母親に見捨てられたダウン症の少年マルコと出会い、彼を保護することに。一緒に暮らすうちに家族のような愛情を育んでいく3人。 しかし、ルディとポールがゲイカップルであることで法律と世間の偏見に阻まれ、マルコと引き離されてしまう……。
1970年代アメリカでの実話をモチーフに描かれ、2012年シアトル映画祭での受賞(作品&主演男優賞含む)をはじめ、全米映画祭の観客賞を総ナメにした話題作。血のつながりなど関係なく、純粋な愛情から少年のために奮闘する主人公たちの無償の愛が胸を打ちます。
★公開日:4月全国順次ロードショー
★劇場:シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸、京都シネマ、シネスイッチ銀座ほか
★公式サイト:http://bitters.co.jp/choco/

印刷用ページを表示する

NTT西日本通信サービスの使命

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます