1. ホーム
  2. 言葉の豆知識-QOLとADL-

言葉の豆知識-QOLとADL-

言葉の豆知識-QOLとADL- 精神的充実のQOLと身体的ケアのADL

社会福祉においての「QOL」と「ADL」。

社会福祉において「QOL」と「ADL」は重要な概念として知られています。ここでは、改めて2つの概念を認識しておこうと思います。

QOLとは、Quality of Life(クオリティ・オブ・ライフ)の略で「生活の質」などと訳されています。人間らしく満足して生活しているかを評価する概念で、医療で使われることの多い言葉です。生命の質や人生の質、人格の質など精神的な自己実現を得るための指標となり、個々の日常生活を充実させ、幸福感や生きがいを自ら発見し、人間らしく生きていくために必要な考えを表しています。

ADLとは、Activities of Daily Living(アクティビティ・オブ・デイリー・リビング)の略で「日常生活動作」と訳されています。私たちが普段の生活の中で日常的に行っている食事や排泄、入浴、移動、更衣、寝起きなどの動作がどの程度自分の力でできるかを測るための指標となっています。主に介護で使われることが多く、介護保険制度ではこのADLに基づいて「できる・できない」を調査してレベルを決めています。

精神的自己実現のQOLと日常生活動作の満足のADL。近年は、もともと医療で多く使われていたQOLの考えが福祉や介護にも浸透してきました。身体的ケアのADLも大切だけれど、精神的な充実を図るQOLを大事にしようという流れです。いずれにしても、どちらも大切にしたいものですね。

「QOL」と「ADL」イメージ

QOL関連ページ

【ICTレポート】第32回 NTTデータ エルミーゴ(TM)
「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減。介護施設向けロボット見守りサービス。
【ICTレポート】第31回 OTON GLASS 株式会社オトングラス 代表取締役 島影 圭佑
顔の前にある文字をボタンひとつで読み上げる、スマートに使えるメガネ型デバイス。
“読む”ことが困難な方に、ほんとうに役に立つモノづくりをめざし、利用者と一緒に開発。
【ICTレポート】第29回 卓上型対話支援システム comuoon(コミューン) ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 代表取締役:中石 真一路氏
話す側が寄り添うことでひとりでも多くの難聴の人に笑顔を届けたい
【ICTレポート】第27回 大阪工業大学ロボティクス&デザイン工学部アシスティブデバイス研究室「Finch(フィンチ)」
手に入れたその日から気軽に使える。“道具”としての機能を追求した、2本目の義手。
【ICTレポート】第23回 株式会社ビッツ「eye棒」商品企画チーム
“社会に役立つモノづくりを!”ソフトウェア会社が挑む、視覚障がい者サポートツール開発
印刷用ページを表示する

バックナンバー

*クリックまたは、エンターキーによりメニューが表示されます